favorites of uqachq | sa.yona.la help | tags | register | sign in

favorites of uqachqall replies to uqachqfavorites of uqachq

Re: hentai ore

http://rw7u9x.sa.yona.la/27

reply

言わせておけばいいじゃないですか。


少なくとも自分が楽しめていると思えるなら、他人が何と言おうと雑音です。馬鹿にされる謂われなんてないでしょう。


「彼」が心配なら寄り添えばいいし、不快なら離れればいい。容易くはないだろうけど、お互いに益がない。

posted by rw7u9x | reply (0)

Re: いつかの今日

エネルギー的な意味で

reply

どうせなら、夏の暑さなんかより、そんな熱を感じたいですね。羨ましいです。

posted by rw7u9x | reply (1)

壁のような何か

reply

進学して地方に出てきて、同郷の同級生と再会、それから事あるごとに飲みに行ったりカラオケ行ったり


最近その関係を持て余す自分がいる。


間違いなく付き合っているとかではないし、お互い恋人もいないので、友達のような付き合い。


でも、俺も「なんでコイツなんだろう」と思っているし、「なんで俺なんだろう」とも思ってしまう。


誕生日に部屋に上げてもらったり、クリスマスイブには二人で買い物に行ったり


モンモンと考えているときに、天啓がきた。と言ってもただのメル友なんだけど


「お前がそいつを好きでもなんでもないなら、そもそも期待すること自体が間違っている」


それだ! そこをはっきりするべきだ。


恋愛感情はない。でも毎回誘われるとついて行くのだから、嫌いなはずはない。


やっぱり友達か。でも、男女の友達って、付き合い方がわからない。


ダベったり飲みに行ったり、それはそれで楽しいのだけれど


「一緒に遊ぶ」って、その場が楽しければそれでいいのか? と考えてしまう自分がいて、イマイチ本気になれない。


相手が男なら、全然遠慮なんてせずに自分を出せるのに。友達だと思うなら、なぜそいつには格好つけたがるのか。


解答がでないのが、若さのせいなら、それは未熟というものだ。


そもそも解答なんてあれば、の話だけれども。

posted by rw7u9x | reply (0)

Re: 猫に水分をたっぷり摂ってもらう方法 : ライフハッカー[日本版], 仕事も生活も上手くこなすライフハック情報満載のブログ・メディア

確かに

reply

ウチの猫も、餌場に置いてある水桶よりも、ベランダの汲み置きの水をよく飲んでました。


「なんでわざわざ外まで行って飲むんだろう」と不思議だったのを覚えています。

posted by rw7u9x | reply (0)

イメージ戦略の行方

reply

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/business/n_j_power__20080727_3/story/20080727jcast2008224017/


↑ Jパワー株式買い増し断念 英投資ファンドの懐ぐあい


買い増しに関しては手を引いたものの、株主提案は続けていく姿勢だそうだ。確かに、TCIの提案は全て否決されたものの、中には過半数に迫るものもあったと聞く。それだけ株主が耳を傾け始めているということだろう。

実際に、TCIは無茶苦茶な経営改善案を出しているわけではなく、「株の持ち合い比率の減少」や「取締役会に第三セクターの人間を入れる」など、経営状況の不透明さにメスを入れようとするものでもある。それによって時価総額が上がれば、株主であるTCIはもちろん、国民全員の利益にもなりうる。

ただ、自社の損害を広げてまでのめり込むメリットがないと判断したのも、また十分妥当ともいえるし、それによって肩をなでおろした人も多いだろう。

頑なに拒み続けた日本政府の姿勢が、日本の市場の閉鎖性のアピールにならなければよいのだが。日本は外資なくては成り立たない状況にきているし、その発展も外資次第なのだ。

posted by rw7u9x | reply (0)

先輩の後輩

reply

年上のバイトの後輩が新しく入った。


接し方わかんねーーーと思いつつ、敬語を混ぜながら仕事を教えていく。


それに平行して、自分の仕事もやっていく。いつもの倍は疲れた。


俺が入ったとき教えてくれたバイトの先輩も、こんなに疲れたのかなーと思う。


まだ自分はバイト暦8ヶ月のシャバ僧なので、心中で「偉そうなこと言ってスミマセン」を連呼。口にも出して連呼。


でも彼が立派な戦士に育ったとき、俺の負担も大いに減るはずなので、先行投資は惜しまない。(なぜか上から目線。)

posted by rw7u9x | reply (0)

Re: 要するに俺は人生親にダメにされてんだよな。

親の人生

reply

そういう気持ちは、俺にもある。

親元を離れた途端、霞が晴れたように色んなものが見えてきたから。

親から離れて、やっと理解できた大切なこともたくさんあった。それを恨んだことも当然。

だからこれからは、自分で自分を育てるしかない、と思ったのね。それは全然、手遅れじゃないと思えた。


それでも今、自分がマシになったと胸を張れないでいるけど、

一番変わったな、と思ったのが、親に感謝できるようになったこと。この年になって遅い気はするけど。

posted by rw7u9x | reply (0)

Re: 象徴の貧困

理想

reply

個性すら商品である社会では、多様性すらも他人に示された画一性でしかない、というのは確かにそうかもしれない。

理想は「衣服は他人の好むものを、食は自分の好むものを」なのだけれど

自分の好むものすら、無数に示される商品の渦の中で見失ってしまうのが、現状なのかも。

自身の主張が、絶対の個性に裏打ちされている、そんな自信すら危うい。当然俺も。


貧しい象徴、そうかもしれない。

こうして自分の考えを述べることすら、用意された土俵の中で、許容されているだけなのかもしれない。

でも俺はこうも思っているんです。

他人に耳障りのよい言葉を並べ、共感を持って自己表現と成す、大事なことだけど

時に摩擦を生み、傷つけ合い、不快になる、殴り合いの喧嘩のような言葉の持つエネルギーもまた、俺は信じている。


とか言いつつ、夜も遅いのに噛み付いちゃってごめんなさい。

posted by rw7u9x | reply (0)

Re: 論文

そんな俺は経済学部

reply

少なくとも、相手に理解してもらいたければ「相手のわかる言葉」で表現しなければいけないはず。


自分の中の考えを表現するときは「自分の言葉」で十分だと思うけれど。


どんな人も、他人の言葉で自分の言葉を練り上げる工程があるはず。たとえば「受け売り」もその一つ。


どのような「他人の言葉」を取り入れたか、それが個性であり、「自分の言葉」を作るんじゃないかな。


お互い、異なる「他人の言葉」が根付いた個人同士、曖昧に誤魔化し合うコミュニケーションを続ける他ないのかも。


俺が貴方の意を、100%汲み取ることができていないように。

posted by rw7u9x | reply (1)

休日の果て

reply

無法地帯の街を、訳も分からず彷徨っていると


突然大勢の軍隊に取り囲まれて


「たった今、地球に飛来中だった敵性宇宙人の撃退に向かった戦闘機の全滅を確認した。キミの死体も確認済みだ」


と言って、無数の機関銃の弾丸に蜂の巣にされる、


という夢を見た。



なんかの小説か映画の記憶なんだろうか。

話の筋的には、多分「宇宙人に成り代わられているのに気付かなかった主人公が、最後に殺される」みたいな話だろう。

死ぬ直前に、なぜか「理不尽だ!」と強く思った。それは本人、視聴者、どっちの感想だったんだろう?

posted by rw7u9x | reply (0)

Re: 無題

実は自分にもわからない

reply

「死にたいと思う奴の気持ちがわからない」ことは、「他の人の気持ちがわからない」ことと大差ないと思う。


だから、わからないからといって、不安になったりする必要はない。


ただ、世の中わからないことは山ほどあって


それでも社会は成立している。個人の理解とは無関係に。理解は無力と言わんばかりに。

posted by rw7u9x | reply (0)

Re: 夢は夢だよね

嘘つき、とまでは言わなくても

reply

「いつか」の部分が一番の曲者で

「叶わないじゃないか」と言ってみても

「いえいえお客様、それはもっと先のことでございます」とくる。


ダイエット商品とかでこういうのを見たことがある。

「すぐに効果が現れます」と言っておいて

「効果には個人差があります」と続ける。


夢がいつか叶う、という希望を与えられて

苦しむほどに、用意された希望に引き寄せられる。

何か、できすぎた連鎖を思い起こさせる言葉 

posted by rw7u9x | reply (0)

男らしさ

reply

伝票の書き方を教えてくれた人は、「チャーシューメン」を「ちーめん」と書いていた。


僕もそれに倣って「ちーめん」と書いていたのだけれど


今日のバイトの別の先輩は「男なら黙って『ち』と書け。通じるから」


その人がキムチラーメンを書くときは「キム」  「キ」じゃないのかよ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


前回僕が唐揚げの一度揚げを余らせたことで、店長に説教されたが


今日は店長が揚げた一度揚げが、閉店のときに余っていた。


「くそっ、お前のしたり顔がムカツク。悔しい」と逆ギレされる。


僕が黙っていると、


「これは俺が自分の金で買った分や。なんか文句あるか?」


あんたは子供か。ちょっと萌えた。

posted by rw7u9x | reply (0)

Re: エネルギー

確かにそこにある

reply

エネルギーって言葉は、いいですね。


目に見えないけれど、確かに感じられるんですよね。エネルギーとしか言えない何かが。分かる気がします。


美味しいものを食べる、それだけで、生きるに値すると思えるくらい。

posted by rw7u9x | reply (0)

Re: 善と偽善の違い

むしろ

reply

「見返りを求める行動」こそが人間らしいと思える。


その定義だと、「無償の行いを求める」ことだって偽善になるかも。


物々交換や貨幣制度が、人間の作り出した人間らしいシステムならば、


言動だってそうあっても、おかしくないと思うのだけど。


本当は、善も偽善も気にならない関係が望ましいんだけどね。

それが煩わしくなって、初めて偽善が憎くなる。

posted by rw7u9x | reply (0)

Re: 愛だよ。愛。

reply

自らを愛する男は、女への愛を放り捨てて「自らへの愛」を実証した、というのは不愉快な言葉遊び。


しかし、僕にこの男を非難する言葉はない。


なぜなら、彼の命が尽きるまで、彼の愛は現在進行形で遂行中だろうから。


もっとも、彼女の命が尽きるほうが先かもしれないけれど。

posted by rw7u9x | reply (0)

今日で一つ、年をとった

reply

自分でも忘れかけていた夕方、一人の友人からメールが来た。覚えていた。


「いや、むしろ土用の丑ってことでウナギ食べよう」


ホイホイついて行く俺。ウナギを食って、コーヒー屋でケーキを食う。


「結局、この時間になるまで誰にも言わなかった」

「さ、寂しすぎる・・・」

「いやだって、今更言い出すのは格好悪いやろ」

「はぁ、男ってメンドクサ」


そうなんです。面倒くさい生き物なんです。少なくとも俺という生き物は。


言いながら、付き合ってくれたそいつには大いなる感謝を。

そして無事、大型免許がとれる年齢まで俺を生かしてくれた、わりと多くの人に超絶感謝を。

posted by rw7u9x | reply (0)

Re: おめでとう、お前。

ありがとうございます、先輩

reply

これをあと57回も繰り返せば、自然ハゲもするでしょうか。

posted by rw7u9x | reply (0)

Re: おめでとう

ありがとうございます

reply

こんな朝っぱらから、父から電話がありました。


眠かったですが、それでも何か感じずにはいられない自分もいました。


いくつになっても変わらないもの、なんでしょうね。

posted by rw7u9x | reply (0)

Re: 「Ca」から「Sc」へ

ありがとうございます

reply

自信がない、の裏返しなんですよね。


でも、不安になっても仕方ないんです。


僕の言動を、周りはちゃんと見ているはずだから、それをきっちり等分に返してくるだけでしょうから。

posted by rw7u9x | reply (0)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.